ノルマンディー

【ノルマンディー】2020年産 4次募集馬一覧・検討まとめ

募集スケジュール

  1. 先行募集(抽選)
    • 6月22日(水)10:00 〜 6月28日(火) 13:00
    • 7月5日 当選発表
  2. 通常募集(先着)
    • 7月8日(金)10:00〜

2020年産のこれまでの募集

募集募集開始日募集頭数
通常募集2021年10月8日〜30頭
2次募集2022年1月6日〜16頭
3次募集2022年5月16日〜9頭
4次募集2022年6月22日〜6頭

4次募集馬一覧 まとめ

昨年の3次募集馬の成績

昨年の3次募集馬のここまでの成績を調べてみました。

募集時期が遅くなった募集馬の成績はどうなんでしょうか。

馬名募集価格成績
ガーディアンベルサトノアラジン1,240万1-0-0-5
キングレガリアキングカメハメハ2,960万0-0-0-2
ヴェクトライズメイショウボーラー1,120万0-0-0-3
ラミアヴィータマツリダゴッホ920万0-0-1-3
カルヴァドスバトルプラン760万0-0-0-4
ベルトゥジュールアイルハヴアナザー1,080万0-0-0-3
コーラスラインハービンジャー1,200万0-0-0-1
ルヴェルジェMaclean’s Music2,480万1-0-0-1

今回は4次募集なので、去年の3次募集より遅い時期での募集となっています。

勝ち上がりは、現時点で2頭。

特に、高額募集だった2,960万募集のキングレガリアは厳しい。

この結果も参考にしないと・・・ですね!

注目馬

正直、2021年産の募集時期も始まっていますし、この時期の2歳馬募集から大活躍することはなかなか確率的に低いと思うので、検討もせずに基本スルーです。

何もなしって訳にもいかないので、無理やり注目馬を上げました!

タムロウイングの20(父:キズナ)

種牡馬的に気になるのはこのキズナ産駒ですかね。

今年の北海道トレーニングセールで1,100万円で落札されています。

トレーニングセール時の調教タイムは以下の通り。

5月の調教タイム

馬名合計2F1F
タムロウイング202023.6秒12.1秒11.5秒
最速タイム21.9秒11.1秒10.8秒
※最速タイム:最も早かった上場馬の最速タイムを参考に掲載

まぁ、現状とても優秀という感じではないですね。これからの伸び代に期待って感じです。

公表事項

さく壁と2021年2月に手術をしている点は留意しておきましょう。

  1. さく癖
  2. 2021年2月 右飛節 OCD除去手術

おすすめ度

実際は、そんなにおすすめではないですが・・・

キズナ産駒の魅力は大きいと思います!安定した成績を上げていますし、芝だけでなくダートでも走れますので、走るレースには困らないでしょう。

なんと言っても馬格が十分なので、しっかり調教を積み重ねて経験を積んでいけば1勝〜2勝出来る能力は秘めていそう。十分楽しめると思います!

まとめ

先ほども書きましたが、この時期ですので基本的にはスルーになると思います。

個人的にも興味を湧く募集馬もなかったですしね。

3次〜4次あたりの募集馬で活躍している馬も見当たらないので傾向的にもパスしたいところです。

読んでいただき、ありがとうございます!

ABOUT ME
とも
2019年のオークスを現地観戦した際に、ラヴズオンリーユーに感動して、自分でもG1馬に出資してもっと感動したい!と思い、一口馬主の世界へ…今では、4世代・計34頭に出資しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA