一口馬主・POG分析

一口馬主で目指せ!クラシック・重賞制覇!〜現3歳世代(2019年産)の重賞出走馬を調べてみた〜【種牡馬編】

今年のクラシックがついに始まりました!

先週の桜花賞に続き、今週は皐月賞があります。

一口馬主の出資者の中には、出資馬がクラシックに出ることや重賞に勝つことを目標にしている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

やっぱり、クラシック・重賞制覇には夢がありますもんね。

そんな馬に出資するにはどうしたら良いのか。

今年の一口馬主募集シーズンも間もなく始まりますので、現3歳世代(2019年産)で重賞に出走したデータを見ながら、今年の出資馬の方針を考えていきたいと思います。

今回は、種牡馬をチェック!!

最新の重賞で活躍している種牡馬がわかる!

重賞出走数

順位

順位種牡馬名出走数

ディープインパクト281216

エピファネイア261016

ロードカナロア241014

ハービンジャー17116

ドゥラメンテ1798

キズナ1798

モーリス15114

ドレフォン15122

ハーツクライ15132

シルバーステート1257
※「2021年7月21日 函館2歳S」〜「2022年4月10日 桜花賞」までの2019年産限定重賞を集計
※牡・牝は、出走数の内訳
  • 1位のディープインパクトは、現2歳世代(2020年産)がラストクロップ(6頭らしい)。
  • 2021年デビューの新種牡馬からは、ドレフォンシルバーステートがトップ10にランクイン。そのほかには、キタサンブラック(出走数:9回)、イスラボニータ(出走数:7回)が多い。
  • 新種牡馬のディーマジェスティ産駒は、出走頭数が40頭で少ないが、4頭(出走数:6回)も重賞に出走しており、大健闘!
  • 2020年デビュー(2世代目)のドゥラメンテモーリスリオンディーズ(出走数:10回)、ミッキーアイル(出走数:10回)が活躍!
  • 牡馬・牝馬別では、モーリス・ドレフォン・ハーツクライの重賞出走回数が牡馬に偏っています。
とも

ディープインパクトがいなくなってどうなるのか・・・やはりエピファネイアが有力候補!?

重賞勝利数

順位

順位種牡馬名勝利数頭数

ダイワメジャー32

ハーツクライ33

ディープインパクト33

ハービンジャー22

エピファネイア21

ロードカナロア22
※「2021年7月21日 函館2歳S」〜「2022年4月10日 桜花賞」までの2019年産限定重賞を集計
  • 重賞1勝の種牡馬が14頭、計20種の種牡馬が重賞勝利馬となっています。
  • ミッキーアイル産駒の連対率が50%、複勝率が60%と重賞に10回以上出走している中で最も高い。平均重賞出走距離は1440mと短め。
とも

重賞勝利数に大きな偏りはないね!いろんな種牡馬にチャンスがありそう!

重賞賞金合計

順位

順位種牡馬名賞金1走当たり

ハーツクライ22,610万1,507万

ドゥラメンテ20,450万1,202万

ディープインパクト20,240万722万

エピファネイア19,860万763万

ハービンジャー17,210万1,012万

ダイワメジャー17,090万1,553万

ミッキーアイル14,950万1,495万

ロードカナロア13,840万576万

シルバーステート11,690万974万

アメリカンペイトリオット8,300万1,185万
※「2021年7月21日 函館2歳S」〜「2022年4月10日 桜花賞」までの2019年産限定重賞を集計
  • 重賞出走数で7位だったハーツクライが重賞賞金合計で1位に!
  • ウマ娘の藤田晋オーナーで話題のMore Than Ready産駒のジャングロが1走当たりの重賞賞金が5,400万で全体のダントツ1位。
  • ダイワメジャー産駒が1走当たりの重賞賞金が1,553万で全体の2位。

主な代表産駒

重賞出走回数が多い種牡馬順

種牡馬名代表産駒
ディープインパクトキラーアビリティ
エピファネイアサークルオブライフ
ロードカナロアサブライムアンセム
ハービンジャーナミュール
ドゥラメンテスターズオンアース
キズナアネゴハダ
モーリスソリタリオ
ドレフォンジオグリフ
ハーツクライドウデュース
シルバーステートウォーターナビレラ
※「2021年7月21日 函館2歳S」〜「2022年4月10日 桜花賞」までの2019年産限定重賞を集計
  • 牡馬の世代賞金では、1位がハーツクライ産駒のドウデュース、2位がダイワメジャー産駒のセリフォス
  • 牝馬の世代賞金では、1位が桜花賞を制したドゥラメンテ産駒のスターズオンアース、2位が阪神JFを制したエピファネイア産駒のサークルオブライフ
とも

やはり、エピファネイア・ドゥラメンテ辺りが本命でしょうか。モーリスは、そこそこの結果は出ていますが、ピクシーナイトやジャックドールなど少し晩成傾向がありそうです。

今後、種牡馬ごとに走る馬の傾向を研究すべきですね!

次回は、生産者・馬主別のデータを調べてみたいと思います!

読んでいただき、ありがとうございます。

ABOUT ME
とも
2019年のオークスを現地観戦した際に、ラヴズオンリーユーに感動して、自分でもG1馬に出資してもっと感動したい!と思い、一口馬主の世界へ…今では、4世代・計34頭に出資しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA